名古屋の鉄管

電気転てつ機化工事中、南側への鉄管がかろうじて1本生きていたときの状況です。ピカピカのポイントマシンが目につきます。この「てこ集中装置」は見かけ上、第一種機械連動装置と同一です。JR化後も操車場や運転所に残っていましたが、一般には見ることができない場所であることが多く、人知れず電気転てつ機化されています。